menu

鬼伝説が裏付ける地域の先進性。

京都府北部、「海の京都」の一角に位置する大江山連峰は、ブナ林が原生林として残るハイキングにも最適の地。秋から冬にかけては、美しい雲海を見ることができる。この大江山には鬼伝説がある。中でも最も有名なのが酒呑童子の鬼伝説だ。歌舞伎の題材にもなっている。平安時代、一条天皇の頃。西暦1000年前後の話とされ、南北朝時代(14世紀)の作といわれている。

都と日本海との間を遮る山々の自然の猛威への恐れから、この地域に「鬼」が成立したという説が有力だが、最近は、酒呑童子の鬼伝説は、都に逆らう豪族の反乱者を征伐する際に、豪族が「鬼」が仕立てられたという説も浮上している。「海の京都」は、大陸からの玄関口にあたり、稲作などの大陸文化の流入や、大陸との交流を示す文化財も多く発掘されている。巨大な古墳も多い。鉱物資源が豊富で、大陸の製鉄の文化を取り入れ金属精錬し、武器等を生産し、豪族の独立した文化が発達していたと思われる。

現在は鉱業などの産業が衰退し過疎の地域となっているが、この地域の魅力やアイデンティティを探る際に、古代の先進地域であったという歴史は見逃せない。地域の誇りを呼び起こすために、また、あらためて、大江山の鬼伝説の研究が進んでいる。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

鬼伝説の残る大江山では、秋から冬にかけて美しい雲海を見ることができる。

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. モニターツアーを円滑に実施する。

    参加者を確保するだけではなく、大きな効果を生み出すモニターツアー。観光地域づくり、特産品ブランド…

  2. 地域の「ヒト・コト・モノ」をスマホで発信

    誰が伝えるか?どのように使っていただけるか?茨城水戸市では、地域の魅力を水戸の魅力発信アプリケー…

  3. 市庁舎で地域ブランドを伝える。

    世界遺産のある街並みが現代風に復活「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に登録され群馬県富岡…

  4. フォトジェニックな女子旅のまち

    犬山に行けば「必ずカワイイ写真を撮影できる」ブランドを確立した城下町。3年前までは「猫も歩かない…

  5. シンボルを駅に設置する。

    駅は玄関であり来訪者との接点。白河関は奥州三古関のひとつに数えられている国指定史跡。奈良時代から…

  6. 地域ブランドを訴求する動画づくりは強みの明確化が重要

    表現手段の検討の前に行うこととは?各地で地域ブランドを訴求するための動画コンテンツが盛んに制作さ…

  7. 「生活文化に裏打ちされた海の食」からの観光戦略

    長い歴史を持つ漁港が育てた観光資源で差別化千葉県勝浦市は千葉の房総半島に位置している。房総半島は…

  8. 港の食堂1つで地域のイメージを変えることもある

    市民にすら知られていなかった水産業はなぜ再認識されたのか?神奈川県平塚市は湘南地区に位置する。湘…

PAGE TOP