menu

交通事業者と共に伝える

現地で実感してもらえるように人を送り込める交通広告

テレビ、新聞、雑誌、ラジオといった従来型のメディアが影響力を低下していく中で、交通メディアは大きな影響力を維持している。地域ブランドプロモーションに、交通広告は欠かせない告知チャネルとなっている。理由として、ターゲットエリアをセグメントできること、ターゲット層を交通機関が送客できること、が挙げられる。伝えるだけではなく、現地で実感してもらえるように人を送り込めるのは大きな要素だ。鉄道会社やバス会社などとのタイアップが盛んに行われている。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

京浜急行のキャンペーンポスター

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. DMOの視察ならばココといわれる場所

    見るべきところは「稼ぐ力」全国各地で(Destination Management Organi…

  2. 現代のニーズへの対応を加えて賑わい続ける市場に

    個人旅行客への対応で伝統の小売スタイルを維持京都は優れた食文化の歴史を持っている。京都市民からは…

  3. いわしが伝える地域のアイデンティティ

    地域はいわしと共に生きてきた。千葉県の九十九里浜では江戸時代からいわし漁が盛んだ。地域に伝わる料…

  4. 移住定住の情報発信にママイベント

    重要なターゲット層である子育てファミリーとの接点をどのように創るのか?自治体が移住定住促進を考え…

  5. 路面店で⽇本酒県を伝える。

    流行発信地の青山に期間限定バーをオープン。九州で⽇本酒県といわれているほど酒造りが盛ん。多くの蔵…

  6. 東京で伝えなくても伝えられる場所はある。

    アウトレットパークで開催される地域ブランド販売催事新春セール時期に茨城県阿見町のあみプレミアム・…

  7. マルシェだからできるテストマーケティング

    人気のマルシェに意欲的に出展する自治体が増えてきている。自治体は何を目的としてマルシェに出展する…

  8. 商店街、商工会と制作会社がつながり生まれたガルパンブーム

    地元が楽しければ外から人がやってくる。「ガールズ&パンツァー」通称ガルパンは、戦車に乗った女子高…

PAGE TOP