menu

東京で伝えなくても伝えられる場所はある。

アウトレットパークで開催される地域ブランド販売催事

新春セール時期に茨城県阿見町のあみプレミアム・アウトレットで「土浦の恵みマーケット」が開催された。土浦市の豊かな土地が育んだ農産物をPRするという販売催事だ。土浦食材を使用した、飯村牛蓮根ハンバーガーや、レンコンとワカサギのキッシュなどのテイクアウトメニュー、土浦市直送の生鮮野菜が販売されていた。土浦市の特産品は蓮根。茨城県内では知られている。しかし、消費地である東京都、千葉県ではあまり知られていない。土浦市は、特産品の認知を上げていきたいという考えを持っている。

なぜ、販売催事はあみプレミアム・アウトレットで開催されているのだろう。土浦市は、以前に浅草など東京都内でPR・プロモーションを開催していた。しかし、予定していた効果を得られなかった。理由はターゲティングにある。浅草には全国や海外から観光客が集まる。そこで「土浦市です!」と声を挙げても振り向く人は少ないだろう。彼らの多くは、土浦市の農産物を購買するターゲット層ではない。

あみプレミアム・アウトレットは、東京から高速道路で向かうと、土浦市から15キロ程手前にある。駐車場をぐるりと回ると、茨城県内ナンバーに加えて、東京都内、千葉県内のナンバーの車が多くみられる。つまり、消費地である東京都、千葉県に居住し、茨城県内に出向くことがある人が多く訪れている。まさに、土浦市の農産物のメインターゲット層と重なる。ここで、土浦市のブランド産品を体験し、気に入ってもらえれば、「アウトレットに行くついでに、土浦にも寄ってみようか」ということもありうるかもしれない。

激戦区で、しかも、ターゲット層との接点を持てる可能性が高くない都内一等地でのPR合戦に参戦するよりもはるかに戦略的かつ費用対効果が高い手法だろう。

都市農村交流課 プロデューサー 小笠原 雅浩

レンコンの触感が特徴の飯村牛蓮根ハンバーガー

農産品は良好な売り上げ。PRにもつながった。

会場はアウトレットパークの一角。

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 「30分間の滞在時間」で商店街が再生

    なぜ「消えゆく灯」は10年後に注目の商店街になったのか?「消えゆく灯」(1999年10月10日熊…

  2. 「量」はブランド力となり得るか

    大量生産地ならではのブランド化の悩みとは?茨城県は首都圏の食を支える大農業地帯。その中でも鉾田市…

  3. 桜まつりにオンリーワンの独自価値を

    和船の本格的な運行が桜まつりを変えた深川桜まつりが全国各地で無数に開催されている。多くは観光協会…

  4. はみ出してみる。

    驚きも約束の対象にブランドとは「約束」。地域産品(食)ブランドの「約束」の対象は「美味しさ」だけ…

  5. 品質・風味の低下を防ぐ

    ルールで守る必要性が生じた下仁田ネギの味ブランドとは、言い換えれば「約束」。消費者の立場では、最…

  6. 地域産品ブランドの力は数値化できる。

    地域産品ブランドの育成のPDCAサイクルを回すために地域産品ブランドのブランド力が強化されたかど…

  7. モニターツアーを円滑に実施する。

    参加者を確保するだけではなく、大きな効果を生み出すモニターツアー。観光地域づくり、特産品ブランド…

  8. 移住定住の情報発信にママイベント

    重要なターゲット層である子育てファミリーとの接点をどのように創るのか?自治体が移住定住促進を考え…

PAGE TOP