menu

アンテナショップよりも効率的な首都圏戦略がある

なぜアンテナショップではだめなのか?

鹿児島県長島町は人口10,921人(平成28年1月1日現在)。温暖な気候と青く美しい海岸線に恵まれた町だ。世界一の養殖ぶりを始め、内海の八代海と外海の東シナ海に囲まれた環境の中で、タイ、タコ、伊勢エビなど多様な海産物に恵まれている。その長島町がユニークな首都圏戦略で注目を集めている。特に、日本三大急潮の流れの早い海で育ったブランドぶり「鰤王」の知名度と評価を高めるために、年間を通して首都圏で試食機会を創出する施策を実施している。しかも、無料の試食ではなく販売で。

従来、このような施策を実施するために、多くの自治体はアンテナショップの開設を進めてきた。または、加工品を提携する販売店の地方物産コーナーで販売するという方法を採用してきた。しかし、アンテナショップを開設すると莫大な費用が必要となる。販売店の物産コーナーでは、優れた地域産品の本当の美味しさを体験していただきにくい。

そこで、長島町が採用したのはオリジナルのキッチンカー「長島大陸ブリうま食堂」を使用して、暖かい弁当を販売するという方法だ。平日は「ランチ難民」と呼ばれるオフィス街の一角に出店。週末は、食イベントやスポーツイベントの会場に出店。これを継続する。しかも、大胆なビジュアルのキッチンカー「長島大陸ブリうま食堂」が都心を走るだけでも、ブランドとの接点づくりもできる。費用を抑え、確実に、クオリティの伝わる方法でブランド認知と理解を高めていくことができるというわけだ。

地方創生では費用効率を考慮した新しい手法が続々と誕生している。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

ぶり

この大きさ、覚悟してください ブリデカ弁当

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 江戸時代と現代の新旧キャラクター

    成田観光のPRに2つのキャラクターゆるキャラとは「ゆるいマスコットキャラクター」のこと。「ゆるキ…

  2. 小説を軸に官民一体で作り上げた回遊性の高いまちづくり

    小説を活かし、まちの活性化に臨む現在、日本では少子高齢化が進み、地方都市では都市の活力が減退して…

  3. 水と城の街を印象付ける銘菓の売場づくり

    カラフルな売り場が地域の地域の歴史・風土を今に伝える。大垣市は慶長5年(1600年)の関ケ原の戦…

  4. 技術が日本を代表する地域ブランドを支える

    宇治が日本を代表するお茶のブランドになったのは髙い技術から。近畿農政局が「食と農」に関わる体験型…

  5. 地域産品の強いブランド力を分解する。

    地域資源の「3つの価値」と商品の競合優位性を高める「プロダクトコーン理論」地域産品や地域産品を使…

  6. チャレンジショップで女子集客の町に。

    駅前に「小さな町の生業づくり」福岡県吉富町は人口7,000人の小さな町。商店がなかった駅前にコン…

  7. 子育てママから地域を元気に。

    子育てママが消費を動かしている。民間企業が子育てママに注目している。ママの意見を取り入れての商品…

  8. 一人のスーパースターが農業・商業・観光業を変える。

    地域活性の起爆剤になるのは「よそ者、若者、ばか者」といわれる。唐澤秀さんは2008年に茨城県鹿嶋…

PAGE TOP