menu

フォトジェニックな女子旅のまち

犬山に行けば「必ずカワイイ写真を撮影できる」ブランドを確立した城下町。

3年前までは「猫も歩かない街」と地元の人が表現していた小さな城下町が、竹下通りに匹敵するほどの大賑わい。写真撮影しながら食べ歩きを楽しむ女子が溢れるほどの「女子旅のまち」になった。その起点は2011年に三光稲荷神社の宮司になった水谷守さんの決断。2012年に三光稲荷神社の中にある「姫亀神社」の絵馬をピンクのハート形に変更した。同じ頃、城下町の「茶処くらや」が、カラフルな「恋小町だんご」を商品化。少しずつ若い世代に知られるようになっていった。観光客が増え始めると、かつては15軒にまで減少していた城下町の商店街に、店が戻ってくるようになった。

流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれた2017年に犬山は大ブレイク。ハート形の絵馬や「恋小町だんご」をはじめとするフォトジェニックな食べ歩きフードの写真がSNSを通じて拡散。レンタル浴衣店が開店し観光客自身がカワイイ被写体になることで観光客が急増した。いまや、街を挙げてフォトジェニックな商品開発が進み、多くの店には行列ができている。

その背景には、犬山市の「文化の薫り高い」街の歴史がある。犬山市には2つの国宝がある。国宝犬山城は唐破風の洒落たデザインが特徴。日本最古の現存天守閣。名鉄犬山ホテルの敷地内にある日本庭園・有楽苑には国宝茶室の如庵。また、犬山まつりはユネスコ無形文化遺産に登録された国内33件の「山・鉾・屋台行事」の一つ。地域に根差した美意識が、現代のSNSを通して、新しい切り口で花開いた地域ブランドといえよう。

地域づくりプロデューサー 石井和裕

城下町から天守閣を望む。

ピンクのハート形絵馬は女子に人気。

老舗蕎麦屋の天ぷらもカラフルで立体的な盛り付け。

急遽犬山へゴーゴー 呼び出しがあり、とんぼ返りしましたが お目当のものは食べられました オタクなのであむぬいを同行します #芳川屋 さんの#季節のフルーツパフェ アイスもいちごも美味しかった 下のフルーツは凍っていて暑い日にぴったり! #swanscafejuicestand さんの#濃厚いちごミルク 本当は#フルーツハーブティー が飲みたかったんだけど、売り切れだったのかもう無かった 夕飯は#なり多 で#ディナー 写真は次に載せます〜〜 #gw #strawberry # #あむぬい #デート #ぬい同行 #犬山城下町 #犬山城下町食べ歩き #犬山日和 #犬山デート

ふぅぴっぴさん(@fuupipi)がシェアした投稿 –

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 小説を軸に官民一体で作り上げた回遊性の高いまちづくり

    小説を活かし、まちの活性化に臨む現在、日本では少子高齢化が進み、地方都市では都市の活力が減退して…

  2. 桜まつりにオンリーワンの独自価値を

    和船の本格的な運行が桜まつりを変えた深川桜まつりが全国各地で無数に開催されている。多くは観光協会…

  3. 機能的なブランドデザイン開発

    コンセプトを見せるカタチにするのでブランドデザインブランドの由来は家畜の識別のために「焼印を押す…

  4. 鬼伝説が裏付ける地域の先進性。

    京都府北部、「海の京都」の一角に位置する大江山連峰は、ブナ林が原生林として残るハイキングにも最適の地…

  5. 地域産品開発に欠かせない試食調査

    各地で地域産品の開発が行われている。特に他の地域の産品との差別化に有効で利益を大きくとれる加工食品の…

  6. 地域を表現する新しい酒造り

    花の酵母で新商品を開発するという挑戦神奈川県開成町にある瀬戸酒造店は、慶応元年(1865年)に創…

  7. 「量」はブランド力となり得るか

    大量生産地ならではのブランド化の悩みとは?茨城県は首都圏の食を支える大農業地帯。その中でも鉾田市…

  8. ブランドプロモーションの必然とは

    どこからコアなファンを育成するか。ブランドを大きく育てるためには、まず第一段階として、熱烈にブラ…

PAGE TOP