menu

海外メディアの評価を最大限に活用する

お墨付きを使って二次効果、三次効果を生み出す。

あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)は、栃木県内では知られた花の名所だった。藤の季節とライトアップが行われる10月から2月には交通渋滞が地域の問題となり、2018年4月には戦と隣接する場所にJR東日本の新駅が開設された。今、2つの理由で、あしかがフラワーパークには、栃木県外からも多くの来場者が集まっている。

一つ目はCNN。樹齢140年を超える大藤が、ジェームズ・キャメロン監督の映画「アバター」の「魂の木」のようだと、CNNが選ぶ「世界の夢の旅行先10カ所(2014)」に採用されたのだ。日本国内で選ばれたのはあしかがフラワーパークだけ。そのおかげで、2014年に1万人ほどだった外国人入園者が15年に約6万人と激増した。

二つ目は「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンのメインビジュアルに採用されたことだ。CNNから火が付いた美しいビジュアルの人気を活かし、春の栃木県観光全体のイメージビジュアルに採用。これにより、栃木県内では知られた花の名所は、一躍、首都圏在住者が訪問してみたい花の名所となった。

観光地選びにはお墨付きが重要だ。信頼性の高い海外メディアであるCNNが選んだというお墨付きが、二次効果、三次効果を生んでいる。これは、CNNが選ぶ「世界の夢の旅行先10カ所(2014)」に採用されたこと、パンフレット、ポスター、動画等に積極的に掲載し、PR活動を展開してきたことによる成果だ。使えるお墨付きは、躊躇することなく最大限に活用することが大切だ。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

開花したばかりの大藤

まるでアバターの「魂の木」と評された大藤

栃木ディスティネーションキャンペーンサイト

ディスティネーションキャンペーンポスター

栃木ディスティネーションキャンペーンポスター

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 地域アイデンティティを視認するアイコンを史跡から

    「足たび 学び舎のまち足利」を伝える漢字2文字栃木県足利市は、室町幕府を開いた足利氏発祥の地。八…

  2. ゆるキャラによる地域ブランド発信のありかた

    くまモンのブレイクには理由があった。全国各地で自治体や団体によるキャラクター(ゆるキャラ)が誕生…

  3. 古墳時代が町の顔

    7名の町の有志の方の発案から始まった。千葉県芝山町は、人口約7,500人。日本一短い私鉄である芝…

  4. 食提供で観光施設が変わる。

    ばら寿司とぼたもちで女性に人気に豪商 稲葉本家は織田信長家臣、美濃の稲葉一族の末裔と言われ、江戸…

  5. 田園風景をブランドにする

    自然豊かな田園風景が広がる景観を地域の価値に。川島町は、埼玉県のほぼ中央に位置する田園風景が広が…

  6. 観光にまで大きな効果を及ぼす新たな地域産品ブランド

    地域産品ブランドが地域活性化に役立つ青森には大小さまざまな酒蔵がある。しかし、今や、青森の酒と言…

  7. 「自分のまちは自分たちがつくる」という市民の約束

    鯖江市民主役条例が創る地域ブランド鯖江市は眼鏡産業が盛んで100年以上の歴史を積重ねてきた。眼鏡…

  8. いわしが伝える地域のアイデンティティ

    地域はいわしと共に生きてきた。千葉県の九十九里浜では江戸時代からいわし漁が盛んだ。地域に伝わる料…

PAGE TOP