menu

地域の力を維持するための景観と建物の保全

地域の歴史を守り伝える風光明媚な景観

兵庫県神戸市垂水区の舞子エリアは長い歴史のある景勝地。明石海峡の向こうに淡路島を望む。平安時代から歌に詠まれ、平清盛が宴を催したという言い伝えもある。江戸時代の旅行案内には松並木を行き交う人々が描かれ、後に明治時代から大正時代には有栖川宮御別邸をはじめとする別邸・別荘が多く建てられた。1950年代には「東洋一の臨海公園」として宣伝され、その名は全国に知れ渡った。日本全国に「舞子」という地名が存在するが、その多くは、景勝地として人気があった「舞子の浜」にあやかった命名と言われている。

近代化、道路の拡張、明石大橋の建設等で多くの松原は失われたが、このエリアには、今もリゾートホテルやレジャー施設が建ち並んでいる。そして高級住宅地としても知られている。その象徴として、この地域が古くからの景勝地であったことを象徴する松林と砂浜を復活し、歴史ある建物が舞子公園に移築されている。また、神戸市は、神戸市都市景観条例に基づく都市景観形成地域等に指定し景観を維持しながら、風光明媚な舞子や明石海峡大橋等の景観を生かした駅前立地の住宅の供給を計画している。

放置すれば失われがちな地域の力は景観と象徴的な建物の保全によって維持されている。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

舞子海上プロムナードからの眺望。松林の向こうに有栖川宮邸跡地のリゾートホテル。砂浜が見える。

明石大橋の脇に移築された神戸の貿易商・呉錦堂が建てた別荘・移情閣(孫文記念館)。

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 「30分間の滞在時間」で商店街が再生

    なぜ「消えゆく灯」は10年後に注目の商店街になったのか?「消えゆく灯」(1999年10月10日熊…

  2. キャッチフレーズで何を伝えるか

    独自価値をイメージできるキャッチフレーズか?日本全国の自治体や地域は競い合う時代になっている。限…

  3. スポーツの街のシンボルを設置する。

    シンボルは駅の正面にある。ラグビーワールドカップ2019™が日本で開催される。埼玉県熊谷市は全国…

  4. フォトジェニックな女子旅のまち

    犬山に行けば「必ずカワイイ写真を撮影できる」ブランドを確立した城下町。3年前までは「猫も歩かない…

  5. 地域ブランドをどのようにして感じてもらうか

    ブランド認定シールだけが伝える方法ではない。値域ブランドを伝える方法は沢山ある。地域産品に認…

  6. DMOの視察ならばココといわれる場所

    見るべきところは「稼ぐ力」全国各地で(Destination Management Organi…

  7. シンボルを広場に設置する。

    商業施設と公園の官民連携が「七重の塔」を誕生させた。神奈川県海老名市は東京から50km(小田急線…

  8. ゆるキャラ集合で広域連携を伝える。

    ゆるキャラ大集合イベントが興味を喚起する。自治体単独ではなく、複数の自治体が合同で地域ブランドの…

PAGE TOP