menu

「生活文化に裏打ちされた海の食」からの観光戦略

長い歴史を持つ漁港が育てた観光資源で差別化

千葉県勝浦市は千葉の房総半島に位置している。房総半島は半島一帯を一つの観光地エリアというイメージが強く、勝浦市のみならず自治体の名前が東京や神奈川県ではあまり知られていない。そのため、勝浦市としては、房総半島にある他の自治体との違いを明確に打出し「勝浦市に行きたい」と観光客に選んでもらうことが必要になっている。そこで勝浦市は2つの観光資源を他の自治体と差別化のポイントとして観光戦略を策定している。

1つ目の観光資源は「勝浦タンタンメン」。朝、海で働く漁師たちの体を辛さで温めるという漁港が盛んな地域ならではの生い立ちから生まれたご当地グルメだ。勝浦市では1950年代から普及しはじめ、2015年にB-1グランプリで優勝し全国的に有名になった。急に思いついたメニューではなく、以前から地域に根付いていたご当地グルメを活用したことが重要だ。2011年に勝浦市をもっと元気にと立ち上がった市民団体の努力の結果が実り、重要な観光資源に育成することが出来た。この勝浦タンタンメンを求めて多くの観光客が訪れる。

2つ目の観光資源は勝浦朝市。この朝市は天正19年から400年以上も続いており、能登輪島・飛騨高山と並ぶ日本三大朝市の一つ。その昔、山で生活する人が収穫した野菜と、海で生活する人が収穫した海産物を物々交換することから始まったと言われている。

この勝浦タンタンメンと勝浦朝市には「海の食」という共通点がある。いずれも長い歴史を持つ漁港が育てた観光資源なので、房総半島にある他の自治体には同じものが存在しない。
差別化できる強みを明確にして観光戦略を策定することが重要だ。

インターン研究生 小室綾乃

海のモノと山のモノが並ぶ勝浦朝市。

海と山の距離が近い。入江を利用した漁港が市内に点在する。

食べると体の芯が温まる勝浦タンタンメン。

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. DMOの視察ならばココといわれる場所

    見るべきところは「稼ぐ力」全国各地で(Destination Management Organi…

  2. 「30分間の滞在時間」で商店街が再生

    なぜ「消えゆく灯」は10年後に注目の商店街になったのか?「消えゆく灯」(1999年10月10日熊…

  3. モニターツアーを円滑に実施する。

    参加者を確保するだけではなく、大きな効果を生み出すモニターツアー。観光地域づくり、特産品ブランド…

  4. 肥料が創るブランド

    ブランドの由来は家畜の識別のために「焼印を押す(brand)」ことにあるといわれている。栃木県茂…

  5. ホンキで高品質な地域産品ブランド化に挑戦する

    認知向上とは異なるブランドづくりとは?自治体が認証する地域産品ブランドは、大きく2つに分けられる…

  6. 田園風景をブランドにする

    自然豊かな田園風景が広がる景観を地域の価値に。川島町は、埼玉県のほぼ中央に位置する田園風景が広が…

  7. 東京で伝えなくても伝えられる場所はある。

    アウトレットパークで開催される地域ブランド販売催事新春セール時期に茨城県阿見町のあみプレミアム・…

  8. フォトジェニックな女子旅のまち

    犬山に行けば「必ずカワイイ写真を撮影できる」ブランドを確立した城下町。3年前までは「猫も歩かない…

PAGE TOP