menu

海外メディアの評価を最大限に活用する

お墨付きを使って二次効果、三次効果を生み出す。

あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)は、栃木県内では知られた花の名所だった。藤の季節とライトアップが行われる10月から2月には交通渋滞が地域の問題となり、2018年4月には戦と隣接する場所にJR東日本の新駅が開設された。今、2つの理由で、あしかがフラワーパークには、栃木県外からも多くの来場者が集まっている。

一つ目はCNN。樹齢140年を超える大藤が、ジェームズ・キャメロン監督の映画「アバター」の「魂の木」のようだと、CNNが選ぶ「世界の夢の旅行先10カ所(2014)」に採用されたのだ。日本国内で選ばれたのはあしかがフラワーパークだけ。そのおかげで、2014年に1万人ほどだった外国人入園者が15年に約6万人と激増した。

二つ目は「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンのメインビジュアルに採用されたことだ。CNNから火が付いた美しいビジュアルの人気を活かし、春の栃木県観光全体のイメージビジュアルに採用。これにより、栃木県内では知られた花の名所は、一躍、首都圏在住者が訪問してみたい花の名所となった。

観光地選びにはお墨付きが重要だ。信頼性の高い海外メディアであるCNNが選んだというお墨付きが、二次効果、三次効果を生んでいる。これは、CNNが選ぶ「世界の夢の旅行先10カ所(2014)」に採用されたこと、パンフレット、ポスター、動画等に積極的に掲載し、PR活動を展開してきたことによる成果だ。使えるお墨付きは、躊躇することなく最大限に活用することが大切だ。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

開花したばかりの大藤

まるでアバターの「魂の木」と評された大藤

栃木ディスティネーションキャンペーンサイト

ディスティネーションキャンペーンポスター

栃木ディスティネーションキャンペーンポスター

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 地域づくりはコミュニティづくり

    街づくりの集大成は神社の復活だった日本橋が変わった。平日はビジネスマンが行き交い、休日は百貨店に…

  2. ナンバーワンには高いブランド価値がある

    何を約束し地域の強みを伝えるのか?「ブランドとは約束である」。約束するのであれば、より価値が高い…

  3. なぜ宇都宮市は餃子の街になったのか。

    「餃子でまちおこし」には根拠があった。餃子の本場である中国北東部に駐屯していた陸軍第14師団の本…

  4. ブランドプロモーションの必然とは

    どこからコアなファンを育成するか。ブランドを大きく育てるためには、まず第一段階として、熱烈にブラ…

  5. アートでミックスする臨海部と山間部

    住宅密集地の臨海部と過疎の山間部を結ぶ方法とは?市原市は千葉県の市町村で最も大きな面積を有する自…

  6. 東京で伝えなくても伝えられる場所はある。

    アウトレットパークで開催される地域ブランド販売催事新春セール時期に茨城県阿見町のあみプレミアム・…

  7. 地域ブランドをどのようにして感じてもらうか

    ブランド認定シールだけが伝える方法ではない。値域ブランドを伝える方法は沢山ある。地域産品に認…

  8. シンボルを広場に設置する。

    商業施設と公園の官民連携が「七重の塔」を誕生させた。神奈川県海老名市は東京から50km(小田急線…

PAGE TOP