menu

水と城の街を印象付ける銘菓の売場づくり

カラフルな売り場が地域の地域の歴史・風土を今に伝える。

大垣市は慶長5年(1600年)の関ケ原の戦いでは西軍・石田三成の本拠地となった大垣城の城下町。かつての大垣城は、水堀を幾重にもめぐらせた堅城で、大変規模の大きな要塞だったと言われている。また大垣市は「奥の細道むすびの地」とも言われ、江戸時代には松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終え、伊勢に向かって船出をした場所でもある。良質な地下水が豊富で、市内には大垣城を中心に水路がめぐらされた。現在でも、水路の脇に江戸時代後半に建てられた住吉燈台が残っているほか、水門川沿いが「四季の路」として整備されている。

「水都」と言われている大垣市の名物「水まんじゅう」は明治時代初めに生まれた。大垣市の「水まんじゅう」は、冷たい地下水に漬けて冷やすよう、葛に水に強いわらび粉を混ぜ、柔らかく炊き上げた生地を、カラフルな「猪口」と呼ばれる陶器に入れて製造される。

「水まんじゅう」は菓子店の店内ではなく、店頭で販売される。「水まんじゅう」が流水で冷やされる姿は「水都」大垣の夏の風物詩となっている。夏の大垣市を訪れた人は、店頭で販売される「水まんじゅう」を見ることで大垣市の成り立ちを感じる。土産として購入された「水まんじゅう」を手渡された家族、友人、知人は、訪れたことのない大垣市が「水都」であることを知る。

地域の歴史・風土が地域産品を生み出し、地域産品が地域の歴史・風土を今に伝えている。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

水の底で冷やされる「水まんじゅう」。

店の外、道路に面した屋台で販売される。

季節の自然を楽しみながら歩くことができる「四季の路」が整備されている。

水門川は大垣と桑名を結ぶ運河。おおがき舟下り、たらい舟も運行される。

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 「量」はブランド力となり得るか

    大量生産地ならではのブランド化の悩みとは?茨城県は首都圏の食を支える大農業地帯。その中でも鉾田市…

  2. 三陸と房総に見る競争的共存による地域ブランド強化

    消費者はブランドを市町村単位で考えるのか?旅行会社へのヒヤリングをすると岩手県三陸地方と千葉県房…

  3. アンテナショップよりも効率的な首都圏戦略がある

    なぜアンテナショップではだめなのか?鹿児島県長島町は人口10,921人(平成28年1月1日現在)…

  4. 技術が日本を代表する地域ブランドを支える

    宇治が日本を代表するお茶のブランドになったのは髙い技術から。近畿農政局が「食と農」に関わる体験型…

  5. 地域産品を活用したソフトクリーム

    ご当地ソフトクリームで地域の味を伝えるソフトクリームが日本に登場したのは1951年。明治神宮で開…

  6. 地域産品を表現するかき氷

    全国各地で誕生する高級かき氷とは?近年、かき氷がブームだ。当初は日光の天然氷やふわふわ氷など、氷…

  7. 商店街、商工会と制作会社がつながり生まれたガルパンブーム

    地元が楽しければ外から人がやってくる。「ガールズ&パンツァー」通称ガルパンは、戦車に乗った女子高…

  8. 食提供で観光施設が変わる。

    ばら寿司とぼたもちで女性に人気に豪商 稲葉本家は織田信長家臣、美濃の稲葉一族の末裔と言われ、江戸…

PAGE TOP