menu

都心で食情報を発信する

飲食店は情報発信の起点となる。

地域の食の魅力(地域ブランド)を、どのような方法で消費地である東京で知らせるか。メディアを通して発信する方法もあるが、確実に記事化、番組関するためには大きなコストを必要とする。そこで、話題拡散の核となる飲食の提供を都心で行う方法が、最近、広く行われている。実際に食材を使用した食事をしていただける飲食店とのタイアップが、その主な方法だが、最近では地域の食の魅力をプロモーションするための、専用の期間限定ショップも存在する。

「旅する新虎マーケット」は約3ヶ月ごとに設けるテーマをもとに旬の食やアイテムが集結する、いわば自治体のショーケースのようなPOP UPスタンド。虎ノ門ヒルズから新橋を結ぶ新虎通りにある期間限定ショップだ。約3ヶ月毎にテーマを設け、日本全国の食を提供している(主催:2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合、共催:経済産業省)。

自治体の食の魅力を独立した飲食店という形式で3か月間、ここから発信することが出来る。ポイントは虎ノ門という場所。虎ノ門ヒルズには大手広告代理店の本社、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、ラグジュアリーホテルなどが入居している。霞が関からも近い。発信力のある人が飲食を楽しみ、情報を拡散してくれる可能性が高い。常に4棟の飲食店が自治体の食情報を発信している。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

旅する新虎マーケット

旅するスタンド3「お茶しゃぶしゃぶ 鈴鹿」

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. なぜ宇都宮市は餃子の街になったのか。

    「餃子でまちおこし」には根拠があった。餃子の本場である中国北東部に駐屯していた陸軍第14師団の本…

  2. 一人のスーパースターが農業・商業・観光業を変える。

    地域活性の起爆剤になるのは「よそ者、若者、ばか者」といわれる。唐澤秀さんは2008年に茨城県鹿嶋…

  3. 民間の力で浸透する流山市の地域ブランド・アイデンティティ

    流山市は、なぜ「買って住みたい街」ランキング6位にまで躍進したのか?行政による地域ブランド開発で…

  4. 「量」はブランド力となり得るか

    大量生産地ならではのブランド化の悩みとは?茨城県は首都圏の食を支える大農業地帯。その中でも鉾田市…

  5. モニターツアーを円滑に実施する。

    参加者を確保するだけではなく、大きな効果を生み出すモニターツアー。観光地域づくり、特産品ブランド…

  6. 「30分間の滞在時間」で商店街が再生

    なぜ「消えゆく灯」は10年後に注目の商店街になったのか?「消えゆく灯」(1999年10月10日熊…

  7. シンボルを駅に設置する。

    駅は玄関であり来訪者との接点。白河関は奥州三古関のひとつに数えられている国指定史跡。奈良時代から…

  8. 「新之助」は何を「約束」するブランドなのか。

    デザインだけではブランドは作れない。「コシヒカリと双璧をなすプレミアム米として育てたい」としてデ…

PAGE TOP