menu

「新之助」は何を「約束」するブランドなのか。

デザインだけではブランドは作れない。

「コシヒカリと双璧をなすプレミアム米として育てたい」としてデビューした新潟県の新ブランド米「新之助」が好調だ。鮮やかで品質を感じるブランドデザインも注目を集めている。しかし、デザインはブランドを表現する手段であって、ブランドそのものを作る要素ではない。その点について、誤解している人が多い。

新潟県の稲の作付けはコシヒカリが約7割と一極集中していた。しかし、コシヒカリは暑さに弱く、地球温暖化が進む将来に、おいしいコシヒカリを供給し続けることができるかどうかに不安が生じていた。そこで開発されたのが「新之助」。コシヒカリより収穫時期が遅い晩生の品種。暑さを避けて安定した品質で出荷しやすい特徴がある。ブランドとは「約束」。「新之助」は酷暑の年でも、安定した品質でおいしい米を食卓に届けること安心・安全を「約束」しているブランドだ。

新潟県農林水産部農業総務課によると「新之助」はブランドを生み出し維持するために、厳しい品質管理を行っている。生産者は「新之助研究会」に入り、一定の栽培指針に従って作ることを求められる。水準に満たないものは「新之助」を名乗ることは許されないルールになっている。また、生産工程管理方法についても厳格なルールを守らなければならない。

ブランドデザインは「約束」を目に見えるように表現している。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

「新之助」のパッケージ

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 地域イベントで地元にブランドを浸透させる。

    地域の食イベントが地元のファンを創る。全国各地でマルシェや産直販売イベント、もしくは、イベント会…

  2. 色で注目を集める。

    黒が強い印象を植え付ける。水郷として知られる下総佐原(千葉県香取市)の蕎麦処・小堀屋本店の建物は…

  3. 三陸と房総に見る競争的共存による地域ブランド強化

    消費者はブランドを市町村単位で考えるのか?旅行会社へのヒヤリングをすると岩手県三陸地方と千葉県房…

  4. 路面店で⽇本酒県を伝える。

    流行発信地の青山に期間限定バーをオープン。九州で⽇本酒県といわれているほど酒造りが盛ん。多くの蔵…

  5. 選択と集中で「いちご日本一」のまちへ

    真岡市の石坂真一市長は2017年5月15日に就任記者会見を行い、日本全国のイチゴ生産者を集めた交流会…

  6. マルシェだからできるテストマーケティング

    人気のマルシェに意欲的に出展する自治体が増えてきている。自治体は何を目的としてマルシェに出展する…

  7. 水と城の街を印象付ける銘菓の売場づくり

    カラフルな売り場が地域の地域の歴史・風土を今に伝える。大垣市は慶長5年(1600年)の関ケ原の戦…

  8. フォトジェニックな女子旅のまち

    犬山に行けば「必ずカワイイ写真を撮影できる」ブランドを確立した城下町。3年前までは「猫も歩かない…

PAGE TOP