menu

交通事業者と共に伝える

現地で実感してもらえるように人を送り込める交通広告

テレビ、新聞、雑誌、ラジオといった従来型のメディアが影響力を低下していく中で、交通メディアは大きな影響力を維持している。地域ブランドプロモーションに、交通広告は欠かせない告知チャネルとなっている。理由として、ターゲットエリアをセグメントできること、ターゲット層を交通機関が送客できること、が挙げられる。伝えるだけではなく、現地で実感してもらえるように人を送り込めるのは大きな要素だ。鉄道会社やバス会社などとのタイアップが盛んに行われている。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

京浜急行のキャンペーンポスター

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. シンボルを駅に設置する。

    駅は玄関であり来訪者との接点。白河関は奥州三古関のひとつに数えられている国指定史跡。奈良時代から…

  2. 地域産品開発に欠かせない試食調査

    各地で地域産品の開発が行われている。特に他の地域の産品との差別化に有効で利益を大きくとれる加工食品の…

  3. 水と城の街を印象付ける銘菓の売場づくり

    カラフルな売り場が地域の地域の歴史・風土を今に伝える。大垣市は慶長5年(1600年)の関ケ原の戦…

  4. 地域づくりはコミュニティづくり

    街づくりの集大成は神社の復活だった日本橋が変わった。平日はビジネスマンが行き交い、休日は百貨店に…

  5. 選択と集中で「いちご日本一」のまちへ

    真岡市の石坂真一市長は2017年5月15日に就任記者会見を行い、日本全国のイチゴ生産者を集めた交流会…

  6. なぜ宇都宮市は餃子の街になったのか。

    「餃子でまちおこし」には根拠があった。餃子の本場である中国北東部に駐屯していた陸軍第14師団の本…

  7. 古墳時代が町の顔

    7名の町の有志の方の発案から始まった。千葉県芝山町は、人口約7,500人。日本一短い私鉄である芝…

  8. 地域ブランドの浸透に重要なキャラクター選択

    地域の強みを具体的に示す「ゆるくない」キャラクターとは?観光においても地域ブランドづくりは重要性…

PAGE TOP