menu

武蔵小杉人気の根底に残る土地の記憶

高価格帯のタワーマンションがここに建つ理由があった。

タワーマンションが建ち並ぶ武蔵小杉は「住みたい街ランキング」の上位常連となっている。10年前までは、まだ大手電機メーカーの工場の街という印象が強かったが、今では、すっかり「憧れの街」だ。武蔵小杉が急速に発展した理由として、都心からの移動時間が短い、3つの路線を使用できる、工場跡地に最新の大型マンションを建築できた…等々があげられる。それと、もう一つ、地元である「神奈川県民からの支持を得ている」という点も重要だ。特に神奈川県の未婚正社員女性が熱烈支持を受けている。

全国各地でシティプロモーションが展開されている。重要なのは、地元の住民と近隣地域の住民が、その地域を自ら推奨してくれるかどうかという点。予算を投下して、シティプロモーションのための広告展開を継続することは難しい。だから、シティプロモーションの多くの第一歩は「地元の合意形成」に充てられることが多い。

武蔵小杉が地元から支持を得ている理由の一つとして、土地の記憶がある。じつは、この地域は由緒正しく品のあるありがたい土地として、代々の住民に語り継がれてきているのだ。その痕跡の一つが「小杉御殿町」という地名。武蔵小杉には、徳川家康が鷹狩りの休憩に滞在する御殿があったのだ。それゆえ、川崎市内でも、他の地域とは違った歴史を歩んでおり、タワーマンションの建築ラッシュに至る以前から、特別な場所とされていた。

過去のこととはいえ、代々に語り継がれる土地の記憶は、現代でも地域のブランド価値に大きな営業を及ぼしている。武蔵小杉は、タワーマンションが建設されたから高い価値を生み出したというよりも、地元の支持がある高い価値のある地域だったので、高価格帯のタワーマンションを生み出したといえる。それゆえに、地元の住民の推奨を受けやすく「住みたい街ランキング」の上位に躍進した。川崎市が、地域ブランドを語る際に、武蔵小杉のブランド価値を最大限に活用することは理にかなっているといえるだろう。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

徳川家康が鷹狩りの休憩に滞在したと伝えられる西明寺。

小杉御殿町の脇にある西明寺参道に建つ小杉御殿の碑。

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 観光に役立つとは限らない世界遺産

    世界遺産登録の本当の意味とは?諮問機関がユネスコに対して、古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関…

  2. ゆるキャラ集合で広域連携を伝える。

    ゆるキャラ大集合イベントが興味を喚起する。自治体単独ではなく、複数の自治体が合同で地域ブランドの…

  3. 酒蔵は地域と世界を結ぶ

    ソムリエが日本酒で地域をPRする動きも日本政府が日本酒、焼酎、泡盛の輸出促進に向けた新たな指針を…

  4. 下町から学べる「地域の誇り」と「住んでよし訪れてよし」

    自分の住む町会の名前を背負って歩く深川地区の人々観光庁は「観光地域づくり」の理念を「住んでよし、…

  5. 交通媒体で伝える

    交通媒体はエリアでターゲットをセグメントできる。地域ブランドの理解浸透を深めていこうとする場合は…

  6. 食で伝える二宮尊徳翁の教え

    偉人の教えを物語で説明するよりも、食で説明するカフェメニュー二宮尊徳が活躍した江戸時代末期は人口…

  7. 交通事業者と共に伝える

    現地で実感してもらえるように人を送り込める交通広告テレビ、新聞、雑誌、ラジオといった従来型のメデ…

  8. 「30分間の滞在時間」で商店街が再生

    なぜ「消えゆく灯」は10年後に注目の商店街になったのか?「消えゆく灯」(1999年10月10日熊…

PAGE TOP