menu

アンテナショップよりも効率的な首都圏戦略がある

なぜアンテナショップではだめなのか?

鹿児島県長島町は人口10,921人(平成28年1月1日現在)。温暖な気候と青く美しい海岸線に恵まれた町だ。世界一の養殖ぶりを始め、内海の八代海と外海の東シナ海に囲まれた環境の中で、タイ、タコ、伊勢エビなど多様な海産物に恵まれている。その長島町がユニークな首都圏戦略で注目を集めている。特に、日本三大急潮の流れの早い海で育ったブランドぶり「鰤王」の知名度と評価を高めるために、年間を通して首都圏で試食機会を創出する施策を実施している。しかも、無料の試食ではなく販売で。

従来、このような施策を実施するために、多くの自治体はアンテナショップの開設を進めてきた。または、加工品を提携する販売店の地方物産コーナーで販売するという方法を採用してきた。しかし、アンテナショップを開設すると莫大な費用が必要となる。販売店の物産コーナーでは、優れた地域産品の本当の美味しさを体験していただきにくい。

そこで、長島町が採用したのはオリジナルのキッチンカー「長島大陸ブリうま食堂」を使用して、暖かい弁当を販売するという方法だ。平日は「ランチ難民」と呼ばれるオフィス街の一角に出店。週末は、食イベントやスポーツイベントの会場に出店。これを継続する。しかも、大胆なビジュアルのキッチンカー「長島大陸ブリうま食堂」が都心を走るだけでも、ブランドとの接点づくりもできる。費用を抑え、確実に、クオリティの伝わる方法でブランド認知と理解を高めていくことができるというわけだ。

地方創生では費用効率を考慮した新しい手法が続々と誕生している。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

ぶり

この大きさ、覚悟してください ブリデカ弁当

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 桜まつりにオンリーワンの独自価値を

    和船の本格的な運行が桜まつりを変えた深川桜まつりが全国各地で無数に開催されている。多くは観光協会…

  2. 品質・風味の低下を防ぐ

    ルールで守る必要性が生じた下仁田ネギの味ブランドとは、言い換えれば「約束」。消費者の立場では、最…

  3. 保存食の新たな使い方を下町の旧製本所で提供

    瓶詰、缶詰、保存食のセレクトショップを清澄白河に開業。「佐渡保存」ブランドで佐渡島の素材を使った…

  4. 肥料が創るブランド

    ブランドの由来は家畜の識別のために「焼印を押す(brand)」ことにあるといわれている。栃木県茂…

  5. 地域アイデンティティを視認するアイコンを史跡から

    「足たび 学び舎のまち足利」を伝える漢字2文字栃木県足利市は、室町幕府を開いた足利氏発祥の地。八…

  6. アニメのファンが、地域のファンになる。

    一過性のブームで終わらせない、聖地とファンの繋りづくり。埼玉県秩父市では、2011年からアニメ「…

  7. 「量」はブランド力となり得るか

    大量生産地ならではのブランド化の悩みとは?茨城県は首都圏の食を支える大農業地帯。その中でも鉾田市…

  8. アートでミックスする臨海部と山間部

    住宅密集地の臨海部と過疎の山間部を結ぶ方法とは?市原市は千葉県の市町村で最も大きな面積を有する自…

PAGE TOP