menu

水と城の街を印象付ける銘菓の売場づくり

カラフルな売り場が地域の地域の歴史・風土を今に伝える。

大垣市は慶長5年(1600年)の関ケ原の戦いでは西軍・石田三成の本拠地となった大垣城の城下町。かつての大垣城は、水堀を幾重にもめぐらせた堅城で、大変規模の大きな要塞だったと言われている。また大垣市は「奥の細道むすびの地」とも言われ、江戸時代には松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終え、伊勢に向かって船出をした場所でもある。良質な地下水が豊富で、市内には大垣城を中心に水路がめぐらされた。現在でも、水路の脇に江戸時代後半に建てられた住吉燈台が残っているほか、水門川沿いが「四季の路」として整備されている。

「水都」と言われている大垣市の名物「水まんじゅう」は明治時代初めに生まれた。大垣市の「水まんじゅう」は、冷たい地下水に漬けて冷やすよう、葛に水に強いわらび粉を混ぜ、柔らかく炊き上げた生地を、カラフルな「猪口」と呼ばれる陶器に入れて製造される。

「水まんじゅう」は菓子店の店内ではなく、店頭で販売される。「水まんじゅう」が流水で冷やされる姿は「水都」大垣の夏の風物詩となっている。夏の大垣市を訪れた人は、店頭で販売される「水まんじゅう」を見ることで大垣市の成り立ちを感じる。土産として購入された「水まんじゅう」を手渡された家族、友人、知人は、訪れたことのない大垣市が「水都」であることを知る。

地域の歴史・風土が地域産品を生み出し、地域産品が地域の歴史・風土を今に伝えている。

都市農村交流課 プロデューサー 石井和裕

水の底で冷やされる「水まんじゅう」。

店の外、道路に面した屋台で販売される。

季節の自然を楽しみながら歩くことができる「四季の路」が整備されている。

水門川は大垣と桑名を結ぶ運河。おおがき舟下り、たらい舟も運行される。

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 「30分間の滞在時間」で商店街が再生

    なぜ「消えゆく灯」は10年後に注目の商店街になったのか?「消えゆく灯」(1999年10月10日熊…

  2. 商店街、商工会と制作会社がつながり生まれたガルパンブーム

    地元が楽しければ外から人がやってくる。「ガールズ&パンツァー」通称ガルパンは、戦車に乗った女子高…

  3. 味のお墨付きを得る

    調査結果によって「芳賀のめぐみ」の美味しさは数値化をされた。日本全国に産品ブランドが乱立している…

  4. 色で注目を集める。

    黒が強い印象を植え付ける。水郷として知られる下総佐原(千葉県香取市)の蕎麦処・小堀屋本店の建物は…

  5. 一人のスーパースターが農業・商業・観光業を変える。

    地域活性の起爆剤になるのは「よそ者、若者、ばか者」といわれる。唐澤秀さんは2008年に茨城県鹿嶋…

  6. 地域イベントで地元にブランドを浸透させる。

    地域の食イベントが地元のファンを創る。全国各地でマルシェや産直販売イベント、もしくは、イベント会…

  7. Jリーグクラブが話題作りの起点となる。

    松本市と松本商工会議所が「信州・松本の物産と観光展」を開催している。信州・松本の豊かな自然と歴史の中…

  8. チャレンジショップで女子集客の町に。

    駅前に「小さな町の生業づくり」福岡県吉富町は人口7,000人の小さな町。商店がなかった駅前にコン…

PAGE TOP