menu

田園風景をブランドにする

自然豊かな田園風景が広がる景観を地域の価値に。

川島町は、埼玉県のほぼ中央に位置する田園風景が広がる自然豊かな町。都心からのアクセスも良好で、関越道練馬ICから圏央道川島ICまでわずか24分の距離にある。駅はなく、大型観光施設があるわけでもない。いわゆる首都圏近郊の都市型農業がおこなわれている地域だ。

川島町は「KJブランド」を定めている。「KJブランド」 は、「自然(見渡す限りの田園風景、白鳥の飛来など)」、「農産物(いちご、いちじく、川越藩のお蔵米など)」、「食(すったて、呉汁など)」、「歴史文化財(遠山記念館、廣徳寺大御堂など)」などに代表される地域資源を町の魅力として地域住民が再認識し、地域の誇りの象徴として、また町外に対する認知度向上、「訪れたい」、「買いたい」、「住みたい」と思えるような町のイメージを図ることを目的にした価値提供基準。田園風景をブランド価値に盛り込んでいる例は珍しい。

埼玉県川島町でインスタ映えポイントを周る、日帰り女子旅ツアーを開催した。そのため川島町は、仕事に疲れた都心のOLをターゲットとし、田舎のインスタ映え風景と癒しを訴求して、集客し、ツアーを実施した。ツアー内容としては、役場の展望台から町を一望、醤油工場の見学、昼食として川島名物のすったて、史跡の見学、トマト農園の見学、最後にカフェで一息、と文字に連ねると何のことはないツアーに見えるだろう。

しかし彼女達はそのありふれた場所場所で目を輝かせ、スマホ片手にパシャパシャと写真を撮り出すのである。話を聞くと、「都内にはこんな写真が撮れる場所はない」、「友達に自慢できる」、「田舎風景が良い」、など楽しんでいる返答が返ってくる。もちろん、地元の人は予想だにしていない返答にビックリだ。

彼女たちは、普段都内では見ない田舎風景、地元人では意識もしていないポイントに、インスタ映えを見出しているのだろう。田園風景をブランド価値と定めることに、ここで生活する地元の人々、誰もが納得したわけではない。まだ、自慢の風景にはなっていない。しかし、彼女たちの反応で地元の人に気づきを与えることができれば、地元の意識も変わってくるのであろう。

都市農村交流課 プロデューサー 小笠原 雅浩

久々の休みにまた川島町の薔薇のトンネルに寄ってみたら、見頃は過ぎちゃったけども、品種で咲き頃が違うのでかまだたくさんみれました! てか、 いつの間にか菖蒲の花も満開だぁ! 蓮の池も来月には花が付く頃ですなぁ! 暑くなると蚊に刺されだしてイヤな季節ですなぁ! 蚊取り線香の季節(笑) 買い物に出かけたカインズホームで蚊取り線香をお買い上げ〜。 オリジナルブランドの新しいデザインの缶入りが目に付いた。 なんだか昭和な?感じが良いですなあ!😄 #川島町#平成の森公園#日本一長いバラのトンネル#菖蒲#蓮#カインズホーム#蚊取線香#昭和#レトロ

でんでんさん(@dendendoh)がシェアした投稿 –

田園風景 #japan #japon #saitama #kawasima City #埼玉県 #川島町 #田んぼ #田園 #ミラー #快晴

Kazz@花鳥風月さん(@kazz9927)がシェアした投稿 –

お電話でのお問い合わせ

03-5232-6866

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 港の食堂1つで地域のイメージを変えることもある

    市民にすら知られていなかった水産業はなぜ再認識されたのか?神奈川県平塚市は湘南地区に位置する。湘…

  2. シンボルを駅に設置する。

    駅は玄関であり来訪者との接点。白河関は奥州三古関のひとつに数えられている国指定史跡。奈良時代から…

  3. 鬼伝説が裏付ける地域の先進性。

    京都府北部、「海の京都」の一角に位置する大江山連峰は、ブナ林が原生林として残るハイキングにも最適の地…

  4. ブランドプロモーションの必然とは

    どこからコアなファンを育成するか。ブランドを大きく育てるためには、まず第一段階として、熱烈にブラ…

  5. 古墳時代が町の顔

    7名の町の有志の方の発案から始まった。千葉県芝山町は、人口約7,500人。日本一短い私鉄である芝…

  6. ブランドを伝えるタイアップ手法

    信頼を何で伝えるのかが重要。地域ブランドの信頼性を「どのように伝えるか」、地域ブランドに「どのよ…

  7. 選択と集中で「いちご日本一」のまちへ

    真岡市の石坂真一市長は2017年5月15日に就任記者会見を行い、日本全国のイチゴ生産者を集めた交流会…

  8. 地域アイデンティティを視認するアイコンを史跡から

    「足たび 学び舎のまち足利」を伝える漢字2文字栃木県足利市は、室町幕府を開いた足利氏発祥の地。八…

PAGE TOP